Google PageSpeed 100 Score

Google PageSpeedの 100スコアを取れるか?。

Google PageSpeed にて、満点100スコアを得る為の、ランディングページ(Oen Page)のサンプルを作ってみました。
CMS稼働上では試しの繰り返しが頻繁となる為サーバー側負担を避ける為に、静的HTMLのレスポンシブル仕様とし、AMP仕様ではありません。
PC版ではそれ程手間もかからず、100 スコアを出せるのですが、モバイル版の場合そう簡単には行かない様でかなりの調整が必要となります。
両(P/M) 100スコアを得るハウツーは、内容的に初心者・一般向けではないため省きますが、それなりのノウハウが必要となります。
それでも何とか両(P/M) 100 スコアを得れた時のキャプチャー画面です。
尚、デモサンプルは、一般的なホスティングサービス上での 100 スコアを得れる事が可能の事例ですが、ネットワーク環境等によりスコア値が伸び悩む事はあります。

100 スコアのハウツーとして簡単な事項、PC版でのページインタラクティブなるまでの時間は、略1秒とモバイル版のインタラクティブの時間は、2秒内でなければ、100 スコアを得る事が難しい様です。ハウツーは極ありふれた対策と、サーバー側のキャシュ設定にツボがあり、ページ内にSNS系のAPIやGoogleフォント及びアイコンフォント(Font Awesome)を使わない事が良いスコアとなりますが、今時のサイトでは寂しく孤立感を受けます。
要するに外部読み込みを減し、画像をレガシー .jpg .png から新世代フォーマット対応しますと限りなく 100 スコアに近い数値となる様です。また、画像サイズやある程度の画像数は、スコアに影響はしないと思われますが、画像遅延読み込みさせる実装をした場合も、モバイル版で高得点には至りませんでした。予想ですが、PageSeedはあくまで機械的な判断でヒューマン的に遅いと違うと。

Google PageSpeed 100 Score 気になりましたら

100 スコアのサンプルサイトがありますので、こちらからお問い合わせ下さい。
HOT