脱Apache&Nginx・脱P言語系・脱jQuery のサイト

一般的なホスティングサーバーでの、Webサイトは httpd である Apache かNginx 利用と、WordPress等のCMSの場合サーバー側り言語PHPを利用しサイトそのものを出力している。サイトHTML内でのインタラクティブに使われているjQuery も利用し便利なサイトが構成されている。
昨今のCMS等を利用したサイト構成ではサイトHTML自体の構成が複雑になり、表示速度やメンテナンス性が悪くなりやすい。そこで軽く動作する Google 開発元の Node.js サーバー側で javascript エンジンを利用とReact.js を組み合わせると軽いサイトにつながる。
React.js はJavascriptのフレームワークの一種で、開発元はFacebook社でOpen Sourceで配布している。またインスタグラムやツイッター等も、Reactを利用しているとの事と、
WordPress 5 よりグーテンベルクブロックエディタの内部は、Reactを利用しているので Reactとは?でなくとも、実際には使っているのである。

WordPress 5よりブロックエディタで採用された、React.js を利用したサンプル

本来なら、Node.js 専用サーバーを利用しReact.js のサンプルを思うが、その為に態々AWS(アマゾンクラウドサービス)等を使うはどうかとの事で、静的HTML内にて React.js を使い 脱jQueryのサンプルを拵えてみた。以下がサンプル図とそのサンプルサイトリンク。

React.js 利用した HTML Source code

実にシンプル過ぎてどうにも?な Source になっております。内部のコンテンツ部が丸々無い訳だから何コレ!?はとなるかと。
コンテンツ部は全て、React.js 内に記載されている為 HTML 自体のSource code はこの様になります。
尚、サンプルサイトでの問い合わせフォーム等の実装はありません。これは Node.js サーバー上で稼働させていない為だ悪しからず。

React.js HTML 構成が気になりましたら。

こちらから問い合わせを承っております。